資金調達に必要な事業融資にはいろいろな種類があります

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業融資で資金調達をしようとする際に最も重視すべきなのは金利です。かといって借り入れができないと融資を望んでも意味がありません。低金利融資を受けようと思えば、審査に時間がかかることを覚悟しなければなりません。時には、金利よりもスピードを優先しなければならない場合もあります。融資を受ける期間のつなぎ融資を受けることが必要になる場合もあります。資金調達の方法は、経営者にとって経営をより強固なものにするために、避けてはとおれない重要な事項です。常に資金繰りを考えて、キャッシュフローを押さえていないとなりません。そのために、どういう事業融資の形態があるのかを把握しておく必要があります。特に、採算に合うことを考えて融資を選ぶことが必要になります。どうすれば経営に即した融資が受けられるのでしょうか。

低金利で融資を受けようとするためには

低金利で資金が調達できればそれだけ資金繰りは楽になります。まず考えられるのが制度融資と呼ばれる公的資金を活用することです。日本政策銀行は、低金利の固定金利なので理想的な金利と言えます。様々な方法があるのであらゆる事業資金に対応できます。高額な事業資金や設備資金、創業資金に利用するのに適しています。
一方、小口制度などを利用すれば無担保・無保証人で融資を受けられることもあります。信用保証協会の保証制度を利用すれば各種の目的に応じて銀行融資を制度融資として活用することができますので、低金利を目指す際に検討してみることが大切です。審査には、しっかりした事業計画を作成しておくことと、審査に時間がかかりますからその間の資金繰りを考えた事業融資を検討しておく必要があります。

ビジネスローンという融資制度について

銀行など金融機関の融資を受けるのは基本的に担保を要するというネックがあります。最近では無担保・無保証人でも融資可能なビジネスローンも数多くあります。銀行のローンは低金利で提供することもあり原則変動金利です。変動金利は銀行のリスクを少なくするために借り入れ側にリスクを負担するようになっています。金利が大幅に上がった場合に金利負担が大きくなるというリスクです。
ノンバンク・ビジネスローン専門業者の場合には金利が高いというデメリットがあります。ただし、無担保・無保証人でも融資を受けられますから早急な資金調達先として向いています。決算書や納税証明が提出可能であれば翌日でも融資が受けられるメリットがあります。何よりも資本の乏しい個人事業者でも申込みしやすいというメリットがあります。

ピックアップ記事

事業融資を受けられるまでの期間について

運転資金の確保をする時、金融機関に対して融資の依頼を行う、金融機関側は企業に対して資金計画が明確になる書類を求める事になり、計画を確認した上で融資の可否を決定します。この間、数日で済む事もあれば数週間...

事業融資を利用する時に必要な書類について

銀行から融資を受ける時に必要な書類には、会社の登記簿謄本や会社の実印の印鑑証明書、事業計画書など色々なものを用意しなければならないケースが多いのが特徴です。また、申し込みを行ってから審査結果が分かるま...


注意点