事業融資を受けられるまでの期間について

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運転資金の確保をする時、金融機関に対して融資の依頼を行う、金融機関側は企業に対して資金計画が明確になる書類を求める事になり、計画を確認した上で融資の可否を決定します。この間、数日で済む事もあれば数週間を要するケースもあるなど、資金をすぐに欲しい時など希望通りにならないケースもあります。
事業性資金として利用が出来ないカードローンにも法人や個人事業主を対象にしているビジネスカードローンを用意しているケースも多くあります。プライベートで繰り返しお金を借りられるカードローンは即日融資、ネット完結申し込みなどのメリットがある反面、事業資金としての利用が出来ません。しかし、カードローンにはビジネスで活用出来るものもある、こうしたローンはカードローンと同じく事業融資としてい受けられるまでの期間が短いなどのメリットを持っています。

ビジネスローンは最短即日融資も可能

設備を導入したい時、材料を仕入れしたい時には事業資金とも言える運転資金が必要になります。金融機関の融資を利用する方法が最適ではあるかと思われますが、事業融資を受けられるまでにはある程度の期間が必要になってしまいます。特に高額な融資ともなると審査結果が分かるまでには数日から数週間を要する事も少なくありません。必要な時にすぐに運転資金の確保をしたい場合にはビジネスローンを利用する方法もあるわけです。
ビジネスローンの中には預金業務を行っていない、金融機関以外のノンバンクもあります。ノンバンクの場合はスピーディーな対応を行って貰えるだけでなく、必要書類の提出も少ない、保証人や担保がなくても融資を受けられる、最短で即日融資も可能になるなどのメリットを持っています。

ネットでも申し込みが出来る利便性もあります

ビジネスローンは事業融資として利用出来るローンの総称です。法人や個人事業主は事業資金が必要になるシーンは多くあります。金融機関の融資を受けるのが一般的ではありますが、最近ではビジネスローンを取り扱っているノンバンクを利用する人も少なくありません。金利面においては金融機関よりも高くなるかと思われますが、融資までの期間が短い事や審査を受ける時に提出すべき書類が本人確認用の書類だけで良い、さらにネットでも申し込みが出来るメリットを持っています。
ネットでの申し込みは、忙しい人にとって来店する事なく融資を受けられる、契約を完了させる時間帯によっては即日融資が出来るなどのメリットもあります。さらに、カードローンタイプのビジネスローンであれば繰り返し融資を受けられるメリットに繋がります。

ピックアップ記事

事業融資を受けられるまでの期間について

運転資金の確保をする時、金融機関に対して融資の依頼を行う、金融機関側は企業に対して資金計画が明確になる書類を求める事になり、計画を確認した上で融資の可否を決定します。この間、数日で済む事もあれば数週間...

事業融資を利用する時に必要な書類について

銀行から融資を受ける時に必要な書類には、会社の登記簿謄本や会社の実印の印鑑証明書、事業計画書など色々なものを用意しなければならないケースが多いのが特徴です。また、申し込みを行ってから審査結果が分かるま...


必要なこと