事業融資を利用する時に必要な書類について

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行から融資を受ける時に必要な書類には、会社の登記簿謄本や会社の実印の印鑑証明書、事業計画書など色々なものを用意しなければならないケースが多いのが特徴です。また、申し込みを行ってから審査結果が分かるまでには数日から数週間を要する事も珍しくありません。特に金額が大きい場合には融資を行う側も会社の経営状況を確認するなどで時間を要する事になるため、結果が分かるまでには多くの時間を必要としてしまいます。
これに対してビジネスローンなどの場合は、本人確認を取る事が出来る運転免許証だけを提出すれば即日融資を受けられるメリットを持ちますし、ローンがカードローンタイプのものであれば何度でもお金を借りられる、運転資金として必要になった際にATMから引き出せる利便性を持っています。

ローンの中には運転免許証だけで融資が可能になるものもあります

ローンを組む時には色々な書類を用意しなければなりません。個人向けローンの場合には本人確認が可能になる運転免許証だけでなく、源泉徴収票などの収入証明書などが必要になる事もあります。事業融資の場合も、返済が可能な申し込み者であるのかを確認する意味において、前年度の納税証明書や確定申告書などを提出しなければならない、金融機関の事業融資の場合にはお金の使い道を記した運用計画書、借りたお金を使ってどのように事業を進めるのかを記した事業計画書などの提出が必要になる事もあるわけです。
その点、ビジネスローンなどの場合はネットで申し込みが出来たり、当日中に振り込みキャッシングをして貰えるなど運転資金をすぐに調達したい時にも便利です。さらに、本人確認を取れる書類だけで融資を受けられるケースもあります。

ノンバンクと銀行などのカードローンについて

事業融資を受ける時には銀行の融資だけでなく、ノンバンクが用意しているカードローンや銀行のビジネス専用カードローンなどを利用すれば運転資金としてすぐに利用が出来るメリットを持っています。書類の提出についても、事業計画や運用計画などの書類を提出する必要がありませんし、こうしたカードローンはネットで申し込みを行えば即日融資のチャンスも与えてくれます。
但し、事業計画や運用計画は融資を受ける上では重要なものとなります。返済が困難な状況に陥れば会社の信用を落としてしまうなどのトラブルが起きる事もありますし、次に融資を受けたい時など情報が金融機関内に伝達される事になるため、融資を受けられるチャンスが亡くなる可能性もあるわけです。返済をしっかりと行うためにも運用計画をきちんと立てておくようにしましょう。

ピックアップ記事

事業融資を受けられるまでの期間について

運転資金の確保をする時、金融機関に対して融資の依頼を行う、金融機関側は企業に対して資金計画が明確になる書類を求める事になり、計画を確認した上で融資の可否を決定します。この間、数日で済む事もあれば数週間...

事業融資を利用する時に必要な書類について

銀行から融資を受ける時に必要な書類には、会社の登記簿謄本や会社の実印の印鑑証明書、事業計画書など色々なものを用意しなければならないケースが多いのが特徴です。また、申し込みを行ってから審査結果が分かるま...


メリット